基幹プロジェクト

教育の効果測定研究
Measuring Educational Effects

【 研究代表者 】大竹文雄 経済学研究科教授

技術革新やグローバル化の進展に対応するために、学力や健康度の向上は、日本の教育政策のもっとも重要な課題となっています。一方で、教育に投入できる資源は限られています。そのため、エビデンスに基づいて効果が大きい教育手法や教育政策を見つけていくことが求められています。ところが、就学前、初等中等教育、高等教育における様々な教育についての取り組みが日本で行われてきましたが、それらの政策を数量的に効果測定することがこれまで十分に行われてこなかったと言えます。その理由は、教育の効果を計測するために必要なデータが得られにくかったことや教育効果の評価手法があまり知られていなかったことにあります。本プロジェクトでは、自治体等が保有する教育関連データや民間企業が保有するデータを用いることで、教育の効果を数量的に評価し、効率的な教育政策の提案に結びつけます。

 

研究協力者

(学内)
大竹文雄 経済学研究科教授
小原美紀 国際公共政策研究科教授
瀧井克也 国際公共政策研究科教授

 

共同研究機関・連携機関

尼崎市学びと育ち研究所
奈良市
広島県
株式会社メトリクスワークスコンサルタンツ

研究キーワード
教育経済学インパクト評価