その他

SSI基幹プロジェクト・キックオフシンポジウム
アフリカの『いのち』に寄り添い、学び、共に生きること

2019/10/03

 

このたび、SSIの協力プロジェクトを経て7つ目の基幹プロジェクトとなった「アフリカの非正規市街地をフィールドとした持続型都市社会モデルの構築」(プロジェクトリーダー:木多道宏教授)のキックオフシンポジウムに岡村善文大使をお迎えし、「アフリカの『いのち』に寄り添い、学び、共に生きること」をテーマに公開講演会を開催します。
アフリカには人の生き方、共生のあり方を考えるための手がかりがあり、講演会においてそれを参加者の皆様と共有することにより、未来社会を構想するための機会としたいと思います。
学内外の研究者、大学院生・学部生、企業や非営利組織、行政のみなさまをはじめ、アフリカに関心のある多くの方々にお越しいただき、基調講演や報告を踏まえて、自由な対話をしたいと思います。
基調講演:岡村善文氏 国際平和貢献担当日本政府代表、アフリカ開発会議(TICAD)担当大使
テーマ:日本人だから、アフリカの扉が開く-社会・文化の共感

コートジボワール大使(2008-2011年)、外務省アフリカ部長(2012-2014年)として、対アフリカ外交に従事。2013年、第5回アフリカ開発会議(TICADV)の開催に指揮をとった。2014年から2017年にかけて、国連代表部次席大使として、国連安全保障理事会におけるアフリカ関連の議題を担当。2017年6月より現職。
岡村大使は、平和と紛争の分野における長年の経験も有する。1994年、日本政府が派遣したルワンダ難民救援部隊の政府調整員としてゴマの駐屯地に勤務。1999年から2000年には、国連コソヴォ・ミッション(UNMIK)の首席政務官を務める。
1981年外務省入省。アルジェリア、イタリア、インド、フランス、ウィーン代表部を歴任。

開催情報

・日時:10月11日(金) 15:00~17:30
・会場:大阪大学豊中キャンパス国際公共政策研究科棟2階「OSIPP講義シアター」
・懇親会会場:大阪大学会館 SSI豊中ラウンジ

プログラム

<第1部>SSI公開講演会 (OSIPP講義シアター) 15:00~17:30
・開会挨拶 : 堂目 卓生教授 SSI長/経済学研究科
・SSIの理念と取組み : SSI長・経済学研究科 教授 堂目卓生
・基調講演 : 岡村 善文氏 国際平和貢献担当日本政府代表、アフリカ開発会議(TICAD)担当大使
 「日本人だから,アフリカの扉が開く-社会・文化の共感」
・報告1 : 木多 道宏教授 SSI企画調整室長/工学研究科 「アフリカ・ガーナにおけるコミュニティの自律と継承」
・報告2 : HAWKINS, Virgil 准教授 国際公共政策研究科 「アフリカとの貿易:よりフェアな関係へ」
・パネル・ディスカッション(モデレーター:栗本英世教授 SSI副長/人間科学研究科)

<第2部>懇親会 (大阪大学会館SSI豊中ラウンジ) 18:00~20:00

主催

大阪大学社会ソリューションイニシアティブ (SSI基幹プロジェクト:アフリカの非正規市街地をフィールドとした持続型都市社会モデルの構築)

共催

大阪大学大学院国際公共政策研究科

後援

JICA関西

申込先

ssi@ml.office.osaka-u.ac.jp  (先着100名)

❶お名前、❷ご所属、❸懇親会参加の有無を明記の上送信して下さい。メールの返信をもって受付完了といたします。