協力プロジェクト

地域ではぐくむこどもと未来:共創ネットワークの実践と理論
Nuturing children and future with local community: Practice and theory of the co-creation network

【 研究代表者 】上須 道徳 経済学研究科 教授

誰⼀⼈取り残さない社会、命輝く社会を地域で実現するためには地域の様々な関係者が協働の下でビジョンの構想および課題解決に取り組む、共創ネットワークの構築が求められる。本プロジェクトでは、地域、こども、未来をキーワードに共創ネットワークの実践的取り組みを進め、そこから得られる経験や知⾒から共創ネットワークの理論を構築する。
本プロジェクトの活動では⼤阪府の自治体等の⾏政関係者、こども⾷堂(こどもの居場所)運営者などの中間⽀援者、企業が参画する「⼤阪府こども⾷堂⾃治体等連絡会」の実践を柱とする。こども⾷堂はコロナ禍において全国で急速に増加している。こども⾷堂では⾮⽀援者のみならず⽀援者が交流を通じて共感しあう様⼦が各⽅⾯で報告され、多くの⾃治体や関係者もこども⾷堂の設⽴や運営を⽀援する動きがみられる。こども⾷堂やこどもの居場所は地域のだれもが参加し輝くことのできる場所であり、命を⼤切にし、⼀⼈⼀⼈が輝く社会の実現のためのコア・インフラとなりうる。そのためには、地域のステークホルダーが連携し、協⼒し共創ができるネットワークの構築がカギとなる。
申請者はこれまでにこども中間⽀援団体である「むすびえ」などと協⼒しながら、⼤阪府下の⾃治体部署や社会福祉協議会、中間⽀援組織やこども⾷堂運営者が参加する連絡会を開催し対話の場づくりを⾏ってきた。本プロジェクトではこの対話の場においてコアとなる組織を選定し連絡会の運営体制の構築を進めるとともに、「共創」のためのネットワークを形成することを⽬指す。具体的には、連絡会の「共創ネットワーク」としての機能や役割、運営の持続性について模索しながら、地域のビジョン形成および課題の抽出・解決策の探求を進めていく。

本プロジェクトが想定する共創ネットワークの構造は上図の通り⼤阪府こども⾷堂⾃治体等連絡会と⼤学から成る。⼤阪府こども⾷堂⾃治体等連絡会には現在、⾃治体が4 団体、社会福祉協議会が4 団体、こども⾷堂を含む中間⽀援組織が3 団体、⺠間企業が2 団体参加している。ここでは、政策や⽀援の現場からの情報や声を共有し、地域のビジョンについての対話、課題のフレーミングや潜在的な解決法の探索を⾏う。また、ここで蓄積された情報や知⾒を府下の各地域の関係者に共有する。⼤学においては連絡会だけでなく、研究者や⼤学⽣の参加の調整を⾏う事務局と調査研究の役割を果たす。互いの連携により、情報共有、ビジョン実現や課題解決のための調査研究の企画、⼈⼿や情報、物資の融通の促進を図る。また、本プロジェクトでは、地域やこどもをキーワードに、ステークホルダーの共創ネットワークの構造や成果を基にしながらトランスディシプリナリー研究やアクションリサーチ、フューチャー・デザインなどにおける⾔説や実践を参照しながら共創ネットワークの理論を構築する。さらに、こうした学術成果や実践的取り組みについては積極的に社会に発信し、政策提⾔や新たな研究課題の発掘につながる研究を進める。
すでに連絡会や⼤学の研究会では、1)こどもの声を可視化する⽅法、2)こどもの居場所を通じて地域の包摂(特に⾼齢の男性の参加)を実現するための⽅法、 を探求することが研究課題として挙げられている。本プロジェクトではこうした研究課題に取り組みながら、モデルとなるような共創ネットワークを形成したい。

研究キーワード
地域研究、持続可能なコミュニティ、ネットワーク、社会包摂
社会課題
こどもの貧困、コミュニティへの参加・包摂、住み続けられるまち・コミュニティ