その他

SSI基幹プロジェクト・キックオフシンポジウム
アフリカの『いのち』に寄り添い、学び、共に生きること
開催報告

2019/10/12
アフリカと共に未来社会を構想する、7つ目の基幹プロジェクト開始へ

 

2019年10月11日(金)、SSIの協⼒プロジェクトを経て7つ⽬の基幹プロジェクトとなった「アフリカの⾮正規市街地をフィールドとした持続型都市社会モデルの構築」(プロジェクトリーダー:⽊多道宏教授)のキックオフシンポジウムとして、大阪ご出身でアフリカ外交に活躍されている岡村善⽂⼤使をお迎えし、本学国際公共政策研究科共催、JICA関西さまに後援いただいて、「アフリカの『いのち』に寄り添い、学び、共に⽣きること」のテーマで、公開講演会を開催しました。 

プログラム:
<日時>  10月11日(金) 15:00~17:30
<場所>  大阪大学豊中キャンパス国際公共政策研究科棟2階「OSIPP講義シアター」
第一部
・開会挨拶 : 堂目 卓生教授 SSI長/経済学研究科
・SSIの理念と取組み : SSI長・経済学研究科 教授 堂目卓生
・基調講演 : 岡村 善文氏 国際平和貢献担当日本政府代表、アフリカ開発会議(TICAD)担当大使
 「日本人だから,アフリカの扉が開く-社会・文化の共感」
・報告1 : 木多 道宏教授 SSI企画調整室長/工学研究科
  「アフリカ・ガーナにおけるコミュニティの自律と継承」
・報告2 : HAWKINS, Virgil 准教授 国際公共政策研究科
  「アフリカとの貿易:よりフェアな関係へ」
・パネル・ディスカッション
 (モデレーター:栗本英世教授 SSI副長/人間科学研究科)
第二部
・懇親会 (大阪大学会館SSI豊中ラウンジ) 18:00~20:00

岡村善文大使「日本人だから,アフリカの扉が開く-社会・文化の共感」講演

SSI長である堂目卓夫教授から開会の挨拶とSSIの理念や取り組みについての解説のあと、基調講演がはじまりました。基調講演者は、国際平和貢献担当日本政府代表やアフリカ開発会議(TICAD)担当大使を勤める岡村善文氏で、「日本人だから, アフリカの扉が開く-社会・文化の共感」と題した講演です。
アフリカ外交における比較的中立性のある立場といった政治的観点に留まらず、日本とアフリカの共通点を社会や文化、価値観などの視点からお話になりました。共通点としては「聞く文化」「現場主義」を挙げられました。駐コートジボワール特命全権大使などを勤めた際の岡村大使ご自身の体験を踏まえ、アフリカに対する誤解がいくつもあることに触れ、紛争などの様々な現象における本質やアフリカ現地に内在する伝統的文化についての話がありました。例えば、ある村では木の下に座って二日でも三日でも徹底的に議論して、コンセンサスができたら守るなど、アフリカだからこそある統治がある。こうした人々の支持を得ている制度は、いわゆる先進国からは古く見えるかもしれませんが、弱い人を助けたり正義を実現している伝統的な価値観を反映したやり方なのです。
なお、岡村大使は、直前に行われた第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の総責任者を務められた直後でいらっしゃいました。そしてまた万博誘致特使としての役割も果たされ、2025年の大阪・関西万博開催に貢献されています。

岡村善文氏ご略歴:
コートジボワール大使(2008-2011年)、外務省アフリカ部長(2012-2014年)として、対アフリカ外交に従事。2013年、第5回アフリカ開発会議(TICADV)の開催に指揮をとった。2014年から2017年にかけて、国連代表部次席大使として、国連安全保障理事会におけるアフリカ関連の議題を担当。2017年6月より現職。
岡村大使は、平和と紛争の分野における長年の経験も有する。1994年、日本政府が派遣したルワンダ難民救援部隊の政府調整員としてゴマの駐屯地に勤務。1999年から2000年には、国連コソヴォ・ミッション(UNMIK)の首席政務官を務める。

木多道宏教授「アフリカ・ガーナにおけるコミュニティの自律と継承」報告

SSI企画調整室長を勤める木多道宏 工学研究科教授が、「アフリカ・ガーナにおけるコミュニティの自律と継承」と題した報告を行いました。
ガーナの首都アクラに周辺都市から移民難民が流入し、現在アクラには82か所の非正規市街地が形成されており、アクラ市人口の約60%が居住しています。その中には貧困、火災、水害、コレラの蔓延など、深刻な問題を抱える地区も存在します。木多教授のプロジェクトでは、伝統的なやり方でコミュニティを適切に運営する仕組みを研究され、これを普遍化して他の地域に適用しようと考えています。社会・空間構造や住環境運営の仕組みの解読を行い、構造物の除却・再開発といったドラスティックな手法をトップダウンで行うのではなく、すでに伝統的なコミュニティに内在する自律的な運営に着目し、その良さを残しながら、新しい技術も活用していくといった新たな持続型都市社会モデルを構築する意義についての説明がありました。そこでのキーワードは、「公」と「私」の間にある「共」です。

Virgil HAWKINS准教授「アフリカとの貿易:よりフェアな関係へ」報告

国際公共政策研究科のVirgil HAWKINS准教授は、アフリカと国際社会の関係について様々な視点から報告を展開し、アフリカについてのイメージを覆す事実を提示していくような報告をなさいました。
例えば、アフリカ諸国は被援助国として見られがちだが、実際の資金は、国際社会からアフリカに流れるよりアフリカから国際社会に流れる方が大きいことをデータに基づいて説明されました。さらに、不正資本流出やアンフェアな貿易、市場としてアフリカを見る先進国の行動、気候変動の被害といった話がありました。また、ご自身の研究であるメディア論の観点からアフリカ報道の問題点があり、今も搾取というのがずっと続いているアフリカの現実を私たち自身がきちんと捉えるべきであることが示されました。

パネルディスカッション

SSI副長の栗本英世教授(人間科学研究科)をモデレーターとして、講演者と報告者の3名のパネリストによる討議を行いました。
ここでは植民地化に起因する問題、アンフェアトレード・搾取の問題といったアフリカに残る大きな問題についての指摘があらためてありました。一方で、アフリカの伝統や社会から学ぶものは多く、日本と類似点の多いアフリカについて考えることは、自分自身について考えることであり、日本についてさらに世界について考えることにつながるとの指摘もありました。
このシンポジウムには、学内外の研究者、大学院生・学部生、企業や非営利組織、行政のみなさまをはじめ、アフリカに関心のある多くの方々にお越しいただきました。参加者の皆様と、さまざまな問題・課題、ありたい姿を共有することにより、未来社会を構想するための機会になったと考えています。ご参加本当にありがとうございました。